COLUMN

おしゃれな靴紐の結び方を難易度別に18選ご紹介!

結び方
2021/10/20更新

靴紐の結び方1つで、おしゃれさが大きく変わるのはご存じですか?コーデに力を入れ、足もとのおしゃれもぬかりなし!と思いながら、意外と気にせずおざなりになりがちなのが靴紐の結び方です。定番の結び方でも十分おしゃれだし、そんなに変わらないだろうと思う人も多いかもしれませんが、実は靴紐を結ぶやり方を工夫するだけで印象はがらりと変わります。

 

簡単なものから少し難し目のおしゃれ上級者向きのやり方まで、靴紐の結び方を18選ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

靴紐の結び方で印象が変わる

靴紐の結び方の種類は意外と多く、少し紐の通し方を変えるだけで大きく印象が変わります。

 

ディスプレイ

 

定番の結び方はどんなファッションにも合わせやすい汎用性が魅力で、例えば、まるでボーダーのような結び目の見えないものなら、スッキリした印象になり靴のデザインを強調できます。

 

星結び

 

チェッカーフラッグや星型のようなインパクトの強い結び方をすれば、靴のデザインに加え自分だけのおしゃれへのこだわりを演出でき、ファッションがさらに楽しくなりコーデの幅も広がりますよ。

 

そんな、数ある靴紐の結び方のなかから、初心者向けで使い勝手のよいやり方のほか、少し手を加えた小粋な中級者向けや難しい結び方ながら完成すればおしゃれがさらに楽しめる上級者用、ほどけにくい靴紐の結び方までおすすめのものをご紹介します。

 

 

初心者向けの結び方

 

オーバーラップ

 

オーバーラップ

靴紐の結び方のなかで最もポピュラーな通し方がオーバーラップです。フィット感に優れ、紐が通しやすく緩みにくいという特徴があります。

 

 

オーバーラップの結び方(所要時間:約5分)

 

オーバーラップ2

 

オーバーラップの靴紐の結び方は、はじめにつま先側の穴へ靴紐を表から通します。

 

オーバーラップ3

オーバーラップ4

 

穴の表に出た紐を順に次の穴へ通し、同じ手順で上まで編み上げます。

 

オーバーラップ5

 

最後の穴は裏から表へ紐を通して結べば完成です。紐が交差する点を外側から重なるように通すのが、キレイに仕上げるポイントです。

 

 

 

アンダーラップ

 

アンダーラップ

 

オーバーラップと同じく定番の通し方として有名なのがアンダーラップです。紐が少し緩みやすいというデメリットはあるものの、靴を楽に脱ぎ履きでき、足になじみやすいという大きなメリットがあります。

 

 

アンダーラップの結び方(所要時間:約5分)

 

アンダーラップ1

 

アンダーラップの紐の結び方は、オーバーラップが表からスタートしたのに対し、アンダーラップはつま先側の穴の裏側から紐を通します。

 

アンダーラップ2

アンダーラップ3

 

順に対面にある次の穴へ裏から紐を通し、同じ手順で上まで編み上げます。

 

アンダーラップ4

 

最後はそのまま表に出た紐を結んで完成です。

 

 

 

ダブルアイレット

 

ダブルアイレット

 

アンダーラップとほぼ変わらない見た目ながら、ホールド感が大幅に上がる結び方がこのダブルアイレット。定番の結び方の見た目を守りつつ履きやすさが上がるため、激しい動きを伴うスポーツをする際や、靴の締め付けが苦手だけれどなるべく簡単に脱げない結び方がよいという方におすすめです。

 

 

ダブルアイレットの結び方(所要時間:約5分)

 

ダブルアイレット1

 

2つの穴を意味するダブルアイレットの靴紐の通し方は、途中まではアンダーラップと同じで裏側から紐を通します。

 

ダブルアイレット2

 

穴が残り2つになったら裏側から紐を通したあとに左右の紐を同じ側にある次の穴へ表から通します。

 

ダブルアイレット3

 

できた輪のなかに左右の靴紐をクロスさせて通して結べば完成です。

 

 

 

結び目隠し(ディスプレイ結び)

 

ディスプレイ

 

結び目隠しは、表側に結び目が出ず、ボーダー柄のようなスッキリした見た目になるのが特徴です。別名でディスプレイ結びとも呼ばれるように、シューズショップで陳列されている靴にこの通し方が用いられている場合が多いので、一度は見たことがあるかもしれません。

 

 

結び目隠しの結び方(所要時間:約6分)

 

ディスプレイ1

 

結び目隠しの靴紐の結び方は、まずはつま先側の穴へオーバーラップのように表側から紐を通します。

 

ディスプレイ2

 

始点に通したら小指側にある紐を真上の穴へ裏側から通します。

 

ディスプレイ3

 

親指側にある紐を、真上に向かい1つ穴を飛ばして裏から通し、小指側の表に出た紐は対になる穴へ渡します。

 

ディスプレイ4

 

その後は真上の穴を1つ飛ばして通し、同じ手順を繰り返します。

 

ディスプレイ5

 

最後に裏側で靴紐を結び中敷きで余った紐を隠せば、表に紐が出ないスッキリした見た目に仕上がります。

 

 

 

オーバーアンダー

 

オーバーアンダー

 

オーバーラップとアンダーラップが融合したような結び方が、このオーバーアンダーです。クロス状に編まれた靴紐が表と裏へ交互に生まれ、よく見るとおしゃれな雰囲気を醸し出しています。手順は非常に簡単ながら仕上がりが抜群にポップかつスマートで、靴紐アレンジに慣れていない人にはぜひチャレンジして欲しい結び方です。

 

 

オーバーアンダーの結び方(所要時間:約5分)

 

オーバーアンダー1

 

まずはオーバーラップのように、つま先側の穴へ表から紐を通します。

 

オーバーアンダー2

 

裏に抜けた紐はアンダーのまま紐を渡し、対面の斜めにある次の穴から紐を表にだします。

 

オーバーアンダー3

 

今度は表にでた紐をオーバーのまま次の穴に通し、その後は同じ手順を繰り返します。

 

オーバーアンダー4

 

最後は裏から表にでた紐を結び、完成です。

 

 

 

中級者さん向けの結び方

 

ノコギリ結び

 

ノコギリ結び

 

ボーダー柄の紐と、斜めに走ったバイストライプ状の紐が組み合わさり、ノコギリのような見た目になるのがノコギリ結びです。斜めに通した紐がよいアクセントになっており、ボリュームが控えめながら存在感があるシルエットに仕上がります。

 

 

ノコギリ結びの結び方(所要時間:約8分)

 

ノコギリ結び1

 

はじめにつま先側にある穴をオーバーラップのように表から通します。

 

ノコギリ結び2

 

小指側の紐を同じ側にある次の穴へ裏から通し、反対側の穴へ平行に渡します。もう片方の紐を、小指側の3つ目にある穴へ裏から通します。

 

ノコギリ結び3

 

平行に渡した紐を小指側の4つ目の穴へ裏から通します。

 

ノコギリ結び4

 

同じ通し方を最後の穴まで繰り返せばノコギリ結び特有の柄に仕上がります。

 

 

 

真ん中リボン結び

 

真ん中リボン結び

 

シューレースの真ん中に結び目ができ、リボンでラッピングしているようなかわいい見た目に仕上がるのが、中央結びや真ん中リボン結びと呼ばれる結び方です。

 

 

真ん中リボン結び(所要時間:約8分)

 

真ん中リボン結び1

 

つま先の親指側の穴へ裏から紐を通し、もう片方は紐が斜めになるように足首寄りの小指側の穴へ裏から紐を通します。

 

真ん中リボン結び2

 

両端が始点になった紐を中央へ向けて表から裏へジグザグ状に通します。

 

真ん中リボン結び3

 

真ん中で合流した紐をリボン結びをすれば出来上がりです。

 

 

 

ツイスティ

 

ツイスティ

 

シューレースが交差する点がねじれたようになり、思わず目が行ってしまうのがねじり結びとも呼ばれるツイスティです。難易度はそれほど高くありませんが、シンプルに靴紐を対面へ渡すよりもインパクトがあるため、個性的な雰囲気の結び方をしてみたい人にはぴったりです。

 

 

ツイスティ(所要時間:約6分)

 

ツイスティ1

 

つま先側をアンダーラップと同じように裏から通し、表に出た靴紐を反対側へ渡す際に、交差する点でぐるりと1回転させます。

 

ツイスティ2

 

回転したあと、それぞれの紐の先を次の穴へ裏から通し、交差する際に1回転させるのを一番上まで続ければ完成です。

 

 

 

ブッシュウォーク結び

 

ブッシュウォーク

 

内側でボーダー状に靴紐が通されサイドにリボンとラインができる、サイドリボン結びとも呼ばれる結び方です。ポップな印象が強く、色付きの紐を使うとよりかわいい仕上がりになりますよ。

 

 

ブッシュウォーク結びの結び方(所要時間:約9分)

 

ブッシュウォーク1

 

つま先の穴へ裏から紐を通し、片側の紐を真上の穴に表から通します。その後、反対の穴へそのまま平行に紐を渡します。

 

ブッシュウォーク2

 

渡した紐が表にでたら、はじめにセットした紐を3つ目の穴へ送り、2つ目の穴から出ている紐を4つ目の穴へ同じく送ります。

 

ブッシュウォーク3

 

反対側へ渡したあとは同じ手順を繰り返し、最後にサイドへ出た2本の紐を結んで完成です。

 

 

 

スパナ結び

 

スパナ結び

 

ボルトを回す工具のスパナに似た見た目になる個性的なやり方がスパナ結びです。ポップな仕上がりにできるので、スニーカーなどのカジュアルな靴におすすめです。

 

 

スパナ結びの結び方(所要時間:約6分)

 

スパナ結び1

 

つま先側の穴に裏から紐を通します。

 

スパナ結び2

 

次に真上にある穴へ紐を通す際に、はじめに通した紐の下をくぐらせます。

 

スパナ結び3

 

同じ側にある2つ目の穴へ、紐を表から通すとスパナのような形になります。

 

スパナ結び4

 

左右の紐をクロスさせ反対側へ通し、同じように横紐の下をくぐらせます。

 

スパナ結び5

 

同じ手順で上まで編み、最後は余った紐の上に中敷きをかぶせて完成です。

 

 

 

おしゃれ上級者さん向け

 

編み込み結び(ラティス結び)

 

ラティス

 

斜めに走ったシューレースが格子状に仕上がり、足の甲を包むような見た目になるのが編み込み結びやラティス結びと呼ばれる結び方です。

 

 

編み込み結びの結び方(所要時間:約7分)

 

ラティス1

 

つま先の両側の穴へ裏から紐を通し、反対側にある4つ目の穴へ表から通します。

通した紐を同じ側にある2つ目の穴まで裏から紐を移動し、表に出た紐を反対の5つ目の穴へ。

その後、同じ手順を最後の穴まで繰り返して完成です。

 

 

 

はしご結び

 

ラダー

 

編み上げた靴紐がはしごのように見えることから、はしご結びと呼ばれているやり方です。ボーダー状に編まれた靴紐がシンプルながら重厚感のある仕上がりになるため、細めのスニーカーに合わせると抜群にハマります。

 

 

はしご結びの結び方(所要時間:約8分)

 

ラダー1

 

つま先両側の穴へ裏側から紐を通し、それぞれ真上の穴へ表から紐を通します。

 

ラダー2

 

次に、通した紐を反対側に出来た紐のループに通し、その上の穴へ表から通します。

 

ラダー3

 

あとは同じ手順を最後まで繰り返して完了です。

 

 

 

ファスナー結び

 

ラダー4

 

ファスナー結びは名前の通り、シューレースがファスナーを閉じたような出来上がりになるやり方です。オーバーラップのようなシンプルな見た目ながら、よく見ると複雑に絡み合った仕上がりで、さりげないおしゃれを楽しみたい人にうってつけです。

 

 

ファスナー結びの結び方(所要時間:約8分)

 

ファスナー

 

つま先両側の穴へ裏側から紐を通します。

 

ファスナー1

 

表に出た紐を、横に通した紐の下へつま先側からくぐらせます。

 

ファスナー2

 

その後、左右の紐を次の穴へ裏から通します。

 

ファスナー3

 

次も同じようにつま先側からクロスした紐の下をくぐらせます。

 

ファスナー4

 

同じ手順を最後まで繰り返せば出来上がりです。

 

 

 

星結び

 

 

特にポップな見た目で、スッキリした印象ながらインパクトが強く、星マークのような形に編み上げられる星結びです。個性的な見た目に仕上がるので、シンプルなデザインのスニーカーに合わせるとよいでしょう。

 

 

星結びの結び方(所要時間:約7分)

 

星1

 

足首側にある1つ目と2つ目の穴へ裏から紐を通し、2つ目の紐は真横に渡して、反対側の穴へ通します。

 

星2

 

表から紐を通したら、真下の穴を1つ飛ばして裏から紐を通して反対の穴へ。

 

星3

 

表にでた紐を反対の穴へ平行に渡し、先ほどと同じく真下の穴を1つ飛ばし一番下の穴から表に出します。

 

星4

 

反対側にある3つ目の穴へ紐を斜めに渡します。

 

星5

 

穴を通したら真下の穴を飛ばして一番下の穴へ裏から通し、こちらも反対側の3つ目の穴へ送ります。

 

星6

 

穴を通したあとは裏から再度一番下の穴へ。

 

星7

 

表に出た紐をはじめに作った足首側で平行になっている横紐の上から紐をくぐらせ、くぐった紐を反対側の一番下の穴へ表から通します。

 

星8

 

最後に足首側の1つなにも通っていない穴へ裏から通し、反対側にある紐と結べば完成です。少々複雑な手順なので諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

チェッカーボード結び

 

チェッカー

 

靴紐の結び方のなかで、おしゃれでインパクトのあるものといえば、色違いの紐が互い違いに編まれ、まるでチェッカーフラッグのように見えるチェッカーボード結びです。ボリュームがあり存在感も抜群で、とにかく個性的な結び方をしたい人にぴったり。カラーリングは2色でも同色でも、好みにあわせて自由自在なので、ぜひさまざまなパターンを試してみてください。

 

 

チェッカーボード結び(所要時間:約10分)

 

チェッカー1

 

まずは初級の結び目隠し結びで編み上げます。

 

最後の紐を中敷きに隠さず、左右の足首側にある穴から出した状態で待機。

 

次に縦に通す紐を用意し、足首側にある片方の穴の裏側から、待機している紐と同じ長さで紐を通します。

 

長い方の紐を、横紐へ生地を編むように裏・表・裏と交互に通します。

 

つま先側に行き当たったら、通した紐の隣に折り返し、今度は上へ同じ手順を繰り返します。

 

最後に足首側の穴へ裏から通し、表に出た左右の紐を結び目隠しのものと一緒に束で結んで出来上がりです。

 

 

 

ほどけにくい靴紐の結び方

 

イアンノット

 

イアンノット

 

ほどけにくい靴紐の結び目で、シンプルかつ有名なのがイアン・ノット。一見すると蝶結びと変わらない見た目ながら、格段にほどけにくく、結び目をほどきやすいとあって、スニーカーなどのカジュアルシューズからスポーツシューズ、革靴まで応用が利きますよ。

 

 

イアンノットの結び方(所要時間:約10秒)

 

イアンノット1

 

蝶結びと同じように一度結びます。

 

イアンノット2

 

左右に張った紐をそれぞれ輪にし、余った紐の左を足首側に、右をつま先側側に垂らしておきます。

 

イアンノット3

 

次に右にできた輪を左の輪に通します。

 

イアンノット4

 

左の輪を手前から右の輪に通し、最後に左右をグッと引っ張れば完成です。

 

 

 

イアンセキュアノット

 

イアンセキュアノット

 

イアンノットに比べ、より強固でほどけにくい結び目を作るなら、イアンセキュアノットがおすすめです。革靴用に使われるような丸紐などほどけやすいものや、しっかりほどけないように結びたいときに向いているでしょう。

 

 

イアンセキュアノットの結び方(所要時間:約50秒)

 

イアンセキュアノット1

 

イアンノットと同じく一度普通に結んだあとに左右で輪を作ります。

 

イアンセキュアノット2

 

右の輪を手前側に用意し交差させます。

 

イアンセキュアノット3

 

奥側にある左の輪を手前に折りこみます。

 

イアンセキュアノット4

 

右の輪を奥側から中央にできた穴へ通します。

 

イアンセキュアノット5

 

その後、右の輪を左へ、左の輪を右へそれぞれ引っ張り、形を整えれば完成です。

 

 

 

ベルルッティ結び

 

ベルルッティ

 

結び目の美しさとほどけにくさを兼ね備えているのが、ハイブランドとして名高いベルルッティが考案したベルルッティ結びです。紳士靴メーカーとして立ち上げられたブランドならではの、紐の結び方まで作り出すこだわりがうかがえます。

 

 

ベルルッティ結びの結び方(所要時間:約1分)

 

ベルルッティ1

 

まず一度軽く結び、さらに靴紐を一度くぐらせます。

 

ベルルッティ2

 

片側の紐で輪を作り、もう一方の紐で輪の手前から一度巻いたあとに輪を作り、巻いてできた穴へ輪をくぐらせます。

 

ベルルッティ3

 

穴を通した輪をもう一度巻きます。

 

ベルルッティ4

 

最後に左右に引っ張りながら形を整えれば出来上がりです。

 

 

 

シューアクセで自分だけのオリジナルの靴に

靴紐の結び方を変えるとさらにおしゃれなコーデが楽しめますが、難しくてうまくできなかったりもっと頻繁に変えたいのに少し面倒に感じてしまったりなどはよくありますよね。シューアクセを使えば、トップの紐に通すだけで靴の印象が大きく変わるだけでなく、気分で付け替えが簡単にでき、自分だけのオリジナルの靴に仕上げられます。

 

おすすめのシューアクセ「CHiLURA」を3点ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アディダス スーパースター

 

アディダス スーパースターにHOOPAの組みあわせ

 

アディダス スーパースターにホワイトのCHiLURA「HOOPA」を組みあわせてアレンジ。スリーストライプスの印象を残しつつ、フリンジにつけられた同じくCHiLURAのWHITE HEARTS OLD BEADSが白地によく映えます。

 

 

コンバース キャンバス オールスター ハイ

 

コンバース キャンバス オールスター ハイにブラウンのHOOPAをプラス

 

赤色のコンバース キャンバス オールスター ハイに、ブラウンのCHiLURA「HOOPA」をセット。シャープなデザインのシューズに、アクセサリーをプラスしたことでボリューム感が生まれ、コーデュロイなどの厚手のパンツなどにも相性抜群です。

 

 

ナイキ エアフォース1

 

ナイキ エア フォース 1へブラックのHOOPAとカラフルなBEADS

 

ナイキ エア フォース 1にはスウッシュロゴと同カラーの、ブラックのCHiLURA「HOOPA」と赤・青・シルバーのビーズを合わせています。モノトーンのなかの差し色がよいアクセントになっているコーデです。

 

 

「CHiLURA」ウェブサイトはこちら

 

 

まとめ

普段のコーデに靴紐のおしゃれな結び方を取り入れれば、これまでとは一味違ったコーデが楽しめます。もし、近頃あまり履いておらず下駄箱に眠っているスニーカーがあるなら、靴紐の結び方を変えることで日の目をみるかもしれませんよ。

 

さらに雰囲気を変えたいときは、CHiLURAのシューアクセで自分だけのシューズコーデにするのも魅力です。足もとのファッション、色々と試してみてくださいね。