COLUMN

【2021年最新】レディースカジュアルコーデ20選!シューアクセで周りと差別化!

レディースコーデ
2021/09/29更新
styling_CHHP_01_003

気の利いた大人のカジュアルコーデは、バランスがカギ!一歩間違えるとだらしなく見えてしまったり子供っぽい印象になったりと、意外と難しい大人のカジュアルコーデ。でも、上手なカジュアルコーデのコツを味方につけると、老若男女全方位に向けて親しみやすい印象を与えてくれたり、着ていてラクなコンフォータブルさをキープしながらお洒落でこなれた雰囲気に見せてくれたりと、プラスの影響がたくさんあります。そこで今回は、バランス上手なカジュアルコーデを20パターンピックアップ!パンツ、スカート、ワンピース、スニーカーと、アイテムごとにご紹介していきます。明日からのコーディネートに是非取り入れて、こなれたカジュアルコーデ上手を目指して。

「パンツ」×カジュアルコーデ

 

▼1, ベイカーパンツ×トラッドテイストのカジュアルコーデ

ベイカー

センタープリーツの入った、カーキのキレイめベイカーパンツとかっちりハンサムなグレージャケットのコーディネートには、ブラウンのニットを肩掛けレイヤードしてこなれ感を演出。メンズライクなアイテムが多い分、シューズはレディな印象のメリージェーンをチョイスしています。靴とバッグは黒でリンクさせて統一感を持たせて、小さめサイズのトートバッグ型ショルダーをON。ちらりとのぞく白シャツと白ソックスが清潔感をプラスしてくれます。トラッド味が溢れる、秋冬気分を盛り上げるコーディネート。

ベイカーパンツ ¥20,900(Shinzone)

 

▼2, 細身デニムパンツ×モードなカジュアルコーデ

ハイライズデニム

細身ハイライズのインディゴデニムには、スリーブが太めの落ち感がキレイな上品ニットを合わせて、アイテム同士のシルエットを引き立てて。レッドカードのデニムは腰回りも綺麗なシルエットなので、あえてベルトなし、トップスインで着てミニマルに。太めのヒールとストラップが特徴的な黒いサンダルにグレーソックスを合わせて女性らしさとカジュアルさのバランスをとった、ほどよくモードなコーディネート。シンプルで潔いスタイルに、スクエア型のミニバッグで効かせたイエローのカラーアクセントとサングラスがスパイスになっています。

ハイライズデニムパンツ ¥20,900(RED CARD)

 

▼3, ジョガーパンツ×アスレジャースタイルを取り入れたカジュアルコーデ

ジョガーパンツ

近年注目されているアスレジャーファッションのキーアイテムであるジョガーパンツは、着心地も抜群でスタイリッシュに見せてくれます。一件難しそうなアイテムですが、合わせるもの次第でちゃんとお洒落に見せることが可能。足元はハイテクスニーカーと合わせてスポーティーな雰囲気を際立たせて、光沢のあるグレーのとろみトップスやオーバーサイズの色落ちデニムジャケットを合わせることで、街映えするスタイルに。鮮やかなグリーンのバッグやサングラスなど小物を効果的に使うことで、こなれ感をプラスしています。

ジョガーパンツ ¥23,100(Whim Gazette)

 

▼4, チェックパンツ×大人シックなカジュアルコーデ

チェックパンツ

ゆるいテーパードのブラックウォッチ柄パンツがコーディネートの主役。細く入ったホワイトのラインが効いていて、シルエットも大人カジュアルにぴったりなリラックス感が今っぽいアイテムです。パンツの柄やデザインを引き立てるため、トップスは単色のオーバーサイズ気味なタートルニットでシンプルにして、全体を深いグリーンのワントーンでまとめて大人の雰囲気に。上質なキャメルのバッグとダークカラーの太ヒールパンプスでラフな印象をリッチに格上げしています。

チェックパンツ ¥31,900(Curensology)

 

▼5, フレアパンツ×アメトラテイストのカジュアルコーデ

フレアパンツ

美脚効果の高いブラックのフレアパンツを、ホワイトのロゴTとオーバーサイズのグレージャケットに合わせてハンサムに。ブラックのキャップとスニーカーでカジュアルダウンして、アメカジテイストに決めたコーディネート。モノトーンでまとめることで大人っぽく決まります。ブラックのフレアパンツはカジュアルコーデにはもちろん、キレイめのオフィススタイルにもマッチしてくれるので、一本持っていると何かと重宝します。キャップの下にすっきりとまとめたお団子も、全体のバランスアップのポイント。

フレアパンツ ¥17,600(JOURNAL STANDARD L’ESSAGE)

 

「スカート」×カジュアルコーデ

 

▼1, プリーツスカート×親しみやすさと上品さのあるカジュアルコーデ

プリーツ

旬のフェイクレザー素材を使った、上品ながらエッジの効いたブラウンのプリーツスカートには凛としたシャツを合わせて。ベージュとブラウンの同系色でまとめることで、やや難易度の高いフェイクレザー素材でも落ち着いた印象になっています。シャツの胸元は少しボタンを開けて、ともするとマジメっぽく見えがちなアイテムであるシャツを上手に着崩して。メガネとお団子ヘアでカジュアル感を足して、親しみやすさアップ。上質なレザーバッグで全体の印象を引き締めて。

フェイクレザープリーツスカート ¥19,800(UNITED ARROWS)

 

▼2, とろみ素材のスカート×女っぽカジュアルコーデ

とろみ素材スカート

カジュアルの大定番だけど、合わせ方によってラフになりすぎてしまいがちなボーダートップスには、つやのあるグレーベージュが美しいナロースカートでリッチ感を。薄手で揺れる光沢のある素材と、ニュアンスのあるカラーが美しいアイテムです。足元はあえて重めにペニーローファーを合わせて、女っぽさとのバランスをとって。タイトにまとめたヘアと揺れるピアス、顔映えするスカーフで顔まわりを飾って洒落感アップを狙って。ボーダートップスをしっかり女性らしい大人カジュアルコーデに昇華しています。

とろみ素材のスカート ¥16,500(Plage)

 

▼3, ミニスカート×クリーンなカジュアルコーデ

ミニスカート

大人だと躊躇しがちなミニ丈のスカートも、タイトなシルエットのブラックのフェイクレザー製のものをチョイスすると、モードなテイストで落ち着いた雰囲気で履けます。淡いレモンイエローのカラーと襟と袖に施された控えめなフリルが可愛いブラウスと、同じくレモンイエローのスリッポンを合わせて、少しだけ甘さを入れた上品なコーディネート。レザーのミニスカートとフリルブラウス、あえて難易度の高いアイテム同士は、潔くシンプルにまとめて、クリーンな印象のコーディネートに。

フェイクレザーミニスカート ¥15,400(TOMORROWLAND)

 

▼4, チェックスカート×ビビッドカラーのカジュアルコーデ

チェックスカート

鮮やかなオレンジとブラックのチェックが目を惹く遊び心あるキルトスカートを主役に、ショート丈のスウェットトップスとホワイトのカットソーを合わせてトレンド感のあるスタイル。トラッドテイストのキルトスカートをカジュアルモードに昇華しています。主役級のアイテム同士は、色で統一感を持たせることでまとまりやすくなります。トップスとスカートが主張が強めのアイテムのため、足元はボリュームのあるものや色の強いものだと喧嘩してしまうので、シンプルなポインテッドトゥのスエードパンプスを合わせてさりげなく。

チェックスカート ¥30,800(O’Neil of Dublin × ADAM ET ROPE’)

 

▼5, チュールスカート×レディなカジュアルコーデ

チュールスカート

チュールにモノトーンの細かな柄が施された生地が珍しいフェミニンなスカートに、ラベンダーカラーが綺麗なたっぷりしたシルエットのスウェットを合わせたカジュアルコーデ。子供っぽいテイストになりがちなボリュームのあるチュール素材も、モノトーン柄だと大人っぽくまとまります。スウェットの首元からさりげなくのぞく小粒のパールネックレスと白のローヒールパンプスでレディなトッピングを。

チュールスカート ¥24,200(Mystrada)

 

「ワンピース」×カジュアルコーデ

▼1, ペイズリー柄ワンピース×ブラック小物のシックなカジュアルコーデ

ペイズリーワンピース

落ち着いたカラーの繊細なペイズリー柄が美しいワンピースに、黒のキャップとレザーブーツ、デニムジャケットで外したコーディネート。エレガントな印象のワンピースにあえてカジュアルなアイテムをプラスすることで、お洒落上級者の着こなしに。ワンピースは前がボタンで開けられるので、ガウンのように開けて着ても印象を変えられます。大きめのピアスも目線を上げてくれるので、スタイルアップにつながるポイント。

ペイズリー柄ワンピース ¥12,100(SLOBE IENA)

 

▼2, ストライプワンピース×キャッチーなロゴTのカジュアルコーデ

マオカラーワンピース

マオカラーが特徴的な明るいピンクと白の細いストライプのシャツワンピースを、前開けでガウンのように羽織って。前開きのシャツワンピースは、閉じて一枚で、開けて羽織りとして、パンツと組み合わせて、はたまた腰巻きして袖を結んでスカート風に、と着まわし力抜群の頼れるアイテム。シャツからのぞく赤いネック部分が目を引くロゴTや、切りっぱなしのフレアデニムでラフに合わせつつ、レザーの黒バッグと、足元はビットつきローファーを投入して、きちんと感と大人っぽさをプラスしたバランス上手なカジュアルコーデです。

ストライプワンピース ¥6,996(FREAK’S STORE)

 

▼3, ジレワンピース×上品でモードなカジュアルコーデ

ジレワンピース

サイドが開いたブラックのジレ風ワンピースは、一枚プラスするだけでお洒落に見える旬な着こなしが完成する今季注目のアイテム。イエローのタートルネックと柄スカートにレイヤードして、印象を引き締めて。深いセンタースリットの入ったナローシルエットの柄スカートがジレと個性を引き立て合います。ジレと合わせてシューズも黒で統一しつつ、バッグはあえて白をチョイスすることで軽やかさも加わっています。

サイドオープンジレワンピース ¥12,100(Ray BEAMS)

 

▼4, カフタンワンピース×技ありレイヤードのカジュアルコーデ

カフタンワンピース

ブラウンとベージュの太いストライプ柄がエスニック風味の主役級カフタンワンピースに、スリーブが長めでひとひねりあるデザインのタートルネックと白のパンツをレイヤードした上級テクニック。ベージュトーンとモノトーンをうまく組み合わせています。足元は白のブーツでエッジを効かせて。ゆったりとしたシルエットのハーフスリーブのワンピースは、一枚で、重ね着して、年中楽しめる優秀アイテム。冬はもっと厚めのニットをインに合わせても素敵ですね。

カフタンワンピース ¥12,100(TODAYFUL)

 

▼5, キャミワンピース×秋に楽しむカジュアルコーデ

キャミワンピース

ざっくりした編み柄が可愛いベージュの半袖ニットに、動くと揺れるフレアシルエットが美しいキャミワンピースを合わせたカジュアルフェミニンなコーディネート。レンガ色のようなブラウンがトレンド感を演出してくれます。キャミワンピースは、インに着るものと上に羽織るものなど、合わせ方次第でいろいろ楽しめるアイテム。足元はショートブーツを合わせてぐっと季節感のある着こなしに。半袖ニットとブーツの組み合わせは、着用できる期間が限定されますが女性らしくて素敵ですよね。

キャミワンピース ¥16,500(SLOBE IENA)

 

「スニーカー」×カジュアルコーデ

 

▼1, 白のナイキ ブレーザー LOW プラットフォーム×遊び心のあるカジュアルコーデ

ナイキ

一枚で決まる、ニュアンスのあるブルーグレーカラーとボリュームスリーブが印象的なロングシャツワンピースに、白地にナイキのスウッシュロゴが主張するソール厚めのスニーカーをON。ベレー帽と個性的なバッグをプラスして、意外性を狙ったひとひねりあるカジュアルコーデに。耳元で揺れるピアスで女性らしさをトッピング。小物使いの上手さが光るスタイルです。一枚だとエレガントにも着られるシャツワンピースですが、合わせるアイテムで親しみやすいカジュアルコーデになっています。

スニーカー ¥11,000(NIKE)

 

▼2, 赤のコンバース キャンバス オールスター OX×ベーシックカジュアルコーデ

コンバース

ざっくりした編み柄が可愛い白のタートルニットにベージュのパンツを合わせたベーシックなカジュアルコーデ。淡いトーンのセーターとパンツの組み合わせに、コンバースのスニーカーとリップの赤で女性らしいスパイスを効かせてフレンチシックな印象に。服がメンズライクな分、ゆるくまとめたヘアスタイルも女性らしさを際立たせます。ヘアメイクもコーディネートの一部と捉えて全体のバランスを調整して。

スニーカー ¥6,380(CONVERSE)

 

▼3, 黒のバンズ スケートハイ×スポーティシックなカジュアルコーデ

バンズ

真っ白のたっぷりしたサイズ感のフーディに細身黒パンツのミニマルスタイルには、バンズの黒いハイカットスニーカーを合わせてモノトーンで統一。クロップド丈パンツからのぞく、ショートブーツのようなすっきりしたシルエットのハイカットスニーカーのバランスが抜群です。ビッグサイズのトートバッグをプラスしてスポーティに。アイテム数を極力少なくした潔いシンプルさが素敵なカジュアルコーデ。ヘアは巻いてゆるくまとめることで、女っぽさがプラスされています。

スニーカー ¥8,250(VANS)

 

▼4, 白のスタンスミス×ハンサムなジャケパンスタイルのカジュアルコーデ

アディダス

かっちり見えがちなジャケパンスタイルには、白のスタンスミスを合わせれば肩の力が抜けたほどよいマニッシュカジュアルコーデに。ストールのベージュとブラウンのニット、ブラウンチェックのジャケット、パンツで取り入れたダークグリーンの秋カラーに、ニットからちらりとのぞくフリルブラウスとスニーカーで白を差して、ひとさじの甘さとクリーンな印象をプラス。メンズっぽくなりがちなジャケパンスタイルに、女性らしさを上手に取り入れた合わせ方です。

スニーカー ¥13,200(Adidas)

 

▼5, グレーのニューバランス MS327 MA1×大人の可愛げを演出するカジュアルコーデ

ニューバランス

レディな印象のドット柄ワンピースの足元にパンプスはトゥーマッチと感じたら、ニュアンスグレーのカラーが綺麗なニューバランスのスニーカーを。ソールにしっかりとしたボリューム感があって、サイドに大きめにロゴが配された目を惹く一足。モノトーンでまとめたら、くすみイエローのバッグで色を効かせてアクセントに。大人の可愛げを演出するコーディネートが完成です。

スニーカー ¥11,990(New Balance)

 

「シューズアクセサリー」を着用して周りと差別化!

カジュアルコーデの強い味方であるスニーカー。ラクで可愛いからとついつい選びがちでマンネリしていませんか?万能選手だからこそ、人と被りやすいもの気になるところ。そこでおすすめなのが、普段のスニーカーにシューズアクセサリーをプラスしてブラッシュアップするという選択。いつものお気に入りの一足が、ぐっと華やかな雰囲気を纏い、足元のお洒落のバリエーションが拡がります。「CHiLURA」のシューアクセは、手持ちの色々なスニーカーに付け替えて楽しめるので、コーディネートに合わせてヘアやメイクの雰囲気を変えるような感覚でセレクトしてみて。おすすめのシューズアクセサリーを取り入れた足元コーディネートを5パターンピックアップしてご紹介します。

 

アディダス スーパースター

アディダス スーパースターにMILSHIKAの組みあわせ

赤いラインのアディダス スーパースターにブラウンのCHiLURA「MILSHIKA」を組みあわせてアレンジ。グリーンのラインパンツ、赤いソックスに赤のスーパースターと攻めのコーディネートにシューアクセでブラウンを足して、絶妙にバランスがとれたお洒落上級者の足元に。カジュアルながら、モードでスポーティーな足元に仕上がりました。

スーパースター ¥13,200(Adidas)

 

コンバース キャンバス オールスター ハイ

コンバース キャンバス オールスター ハイにホワイトのHOOPAとカラフルなBEADS

赤色のコンバース キャンバス オールスター ハイに、ホワイトのCHiLURA「HOOPA」と赤・青・シルバーのビーズをONして、定番のスニーカーもプレイフルな印象に。すっきりとしたシルエットのシューズにシューアクセで華やかな印象が加わり、クラシックなグレンチェック柄パンツのコーディネートに遊び心がプラスされています。他の合わせるウェアや小物でシューアクセのビーズの色を拾ってもいいですね。

キャンバス オールスター ハイ ¥6,380(converse)

 

ナイキ エアフォース1

ナイキ エア フォース 1へブラックのMILSHIKAをプラス

ナイキ エア フォース 1に、スウッシュロゴと同カラーのブラックのCHiLURA「MILSHIKA」を合わせたスタイリング。ロゴカラーと合わせたシューアクセを選ぶことで統一感がとれており、スニーカーのデザインを引き立てています。ちらりとのぞくシューアクセのエンボスレザーの質感が、ブルーデニムとグレーのソックスの軽快なスタイルを引き締めます。淡めカラーのデニムとのコーディネートもカジュアルになり過ぎず大人っぽいバランスに仕上がりました。

エア フォース 1 ¥12,500(Nike)

 

アディダス スーパースター

アディダス スーパースターにMILSHIKAをコーディネート

ブラックのスリーストライプスのアディダス スーパースターをホワイトのCHiLURA「MILSHIKA」で飾ったスタイル。ブラックコーデに白スニーカーの定番の合わせも、足元にボリューム感がプラスされ新鮮な見え方にアップデート。ホワイトのシューアクセは、白いシューレースに馴染みながらも印象をガラッと変えてくれます。白いシューレースのスニーカーは一般的にも多いので、合わせやすさは抜群ですね。シンプルなコーディネートも、シューアクセを足元に取り入れることで遊び心と洒落感をプラスしてくれます。

スーパースター ¥9,889(Adidas)

 

ナイキ リアクト エレメント

ナイキ リアクト エレメントにMILSHIKAをコーディネート

ナイキ リアクト エレメントにブラウンのCHiLURA「MILSHIKA」をコーディネート。本気度の高い黒のジョガーパンツとハイテクシューズというスポーティーな組み合わせも、シューアクセを足すことでハイセンスなアスレジャースタイルに早変わり。多色使いのスニーカーにもすんなりマッチし、印象をガラッとファッショナブルに変えてくれます。デザイン性の高いシューズにシューアクセをプラスすると、唯一無二の存在感に。「それどこの?」と聞かれることが増えるかもしれませんよ。

リアクト エレメント ¥17,600(Nike)

「CHiLURA」ウェブサイトはこちら

 

まとめ

子供っぽくならない洒落見えカジュアルコーデの作り方は、小物やアクセサリー、ヘアスタイルなどを含めた全体のバランス感がカギです。フェミニンなワンピースにカジュアルなスニーカーを合わせる、メンズライクなスタイルにはウェアの質感やアクセサリーなどの小物で女っぽさを感じさせる要素を投入する、シンプルスタイルに一点ひねりのあるアイテムを加える…いろんなスタイルサンプルがありますが、外しのテクニックを意識するとコーディネートが決まりやすくなります。特に足元は外しを取り入れやすいポイント。
CHiLURAのシューズアクセサリーは、取り入れると手持ちのスニーカーもガラッと見え方が変わり簡単に洒落感を演出してくれるので、大人カジュアルコーデの強い味方。ひとつあると、大人カジュアルの代名詞とも言えるスニーカーコーデの幅がぐっと拡がります。靴箱に仕舞ってあるけどしばらく登場していないスニーカーもまた活躍してくれるかもしれません。是非この秋冬のコーディネートの参考にしてみて下さいね。